今回は木造戸建て住宅のタイル張お風呂の改修工事。解体工事から始めます。




床コンクリートと浴槽の撤去




天井の撤去後




床のコンクリートと浴槽を撤去。天井も解体すると小屋裏(屋根裏)が見えてきます。この後、天井裏では、電気配線と換気扇配管工事を、床下では給排水設備配管工事を新たに行なっていきます。このような改修工事時に重要な事は、解体後に傷んでいる部分の確認と補修。




既存の給水管と給湯管は古く劣化しているので新しく入れ替え。電気配線もコンセント増設などで今までより使いやすくします。また、入口床下はシロアリによる損傷がありましたので、木材による補強工事を実施。今回の工事を機に、直したり使いやすくする目線で工事を進めていきます。





株式会社和匠工房
〒470-2380 愛知県知多郡武豊町平井6丁目60番地
TEL:090-2133-2787  FAX:0569-77-4137